激しいストレス対策

今日からできる、貧乏生活を楽しむための簡単メンタルメソッド

投稿日:2017-11-14 更新日:

今日からできる、貧乏生活を楽しむための簡単メンタルメソッド

貧乏でも人生を楽しみたいですよね。楽しむことは、心と体に良い影響があるのです

しかし、貧乏なことで自分にかかるストレスはとても重たいので、苦しむ人も大勢います。

では、具体的に貧乏を楽しく過ごすためには、どうすればよいのでしょうか?

貧乏を楽しむ方法〜お金を使わず幸せに

貧乏でも、お金を使わずに楽しくなる。お金を使わないってところがミソですね。

その基本的な考え方を、考え方と行動の両面から知りましょう。

幸福感にお金が必要ないって知ってた?

「楽しい」と「幸せ」を感じませんか?

人は脳の神経伝達物質(ドーパミンやセロトニンなど)の働きで起きた快感情を、その時の状況によって「楽しい」や「幸せ」に解釈を割り振るのです。つまり、「楽しい」と「幸せ」は似たような感情なのです。

「幸せはお金では買えない」とよく聞きます。

「幸せはお金で買える!」と主張する人もいるでしょう。

しかし、私も幸せとお金に因果関係は無いように思います。

幸せをお金で買う一例
  • 好きなドーナツを買って、好きなだけ食べる
  • ずっと気になっていた洋服が買えた
  • 憧れていた車を買って、初乗りドライブに出かけた
  • 夢の億ションを購入し、セレブな生活をおくる

など、お金で買えるものに対する欲求はたくさんあります。しかし、それを満たしただけでは、幸せが訪れていない事にお気づきですか?

  • 好きなドーナツを買って、好きなだけ食べただけ
  • ずっと気になっていた洋服が買えただけ
  • 憧れていた車を買って、初乗りドライブに出かけただけ
  • 夢の億ションを購入し、セレブな生活をおくるだけ

というように、お金を使った消費活動というのは、行動の一環なのです。そこに幸せとお金の因果関係はありません。

しかし、このように考えるとどうでしょう。

  1. 前日の夜、好きなドーナツを食べたいな、と考えて明日の予定を立てる。
  2. その時にわくわくして、幸せな気分になる
  3. 翌日、好きなドーナツを買って、好きなだけ食べる
  4. ドーナツが期待通りにおいしくて、とてもうれしく感じ、同時に「幸せだなぁ」と感じる

ドーナツと幸せの関係

このように、商品を買うことにより幸せを感じるのではなく、その過程で生じた感情が、幸せに結びついています。

このことから、お金と幸せに因果関係が無いことがわかります。お金をかけずに幸せを感じる方法を知れば、お金をかけずに楽しさを感じられるのです。

無駄な消費をせずに、楽しさを見つけられたら良いですね。

そのためには、「メタ認知」を意識して自分の「心のありよう」を知りましょう。

なにをすればお金をかけずに楽しさを感じるのか理解して、実践しましょう。

  • お金を使わずに楽しさを見つけられる人は偉い

楽しさを感じるトレーニング

日本は楽しいことがいっぱいある、とても豊かな国です。それはそれですばらしいな〜と、しみじみ感じます。

しかし、企業がこぞって娯楽、快楽を追求するあまり、この世には刺激物があふれすぎています(ゲーム・漫画・映画・仮装パーティ・スポーツ観戦・コンビニスイーツなど数え切れません)。

刺激物を用いた快感の体験は強力です。本来、人間は少しの快感で楽しさを感じられます。しかし、現代は刺激的なことがないと、快楽を得ないのです。

そこで、楽しさを感じる具体的なトレーニングです。とても簡単でおすすめなので、一度実践してください。

  • 情報を遮断し、目を閉じゆっくりと食事をすること

私は、「食事とは、人間の欲求の中で最も根本的で単純な快楽の一つ」と考えます。

物が少なかった時代、誰もが食事を大切にしていました。そして現代、人は普段の食事に対して、楽しむことをないがしろにしている傾向があります。

それは、新しい生き方と考えられるので否定をするつもりはありません。

しかし、現代の状況で「食事で楽しさを感じられない」のは、「刺激物に依存して快楽を得る」ということではないのでしょうか?

もし、あなたが、小さな幸せや楽しさを感じたい。そして、刺激物への無駄な消費をやめたいのなら、以下の食事習慣を試してください。

楽しさを感じる食事トレーニング
  1. テレビなどを消し、「〜しながら」食事をしない
  2. 食卓を片付ける
  3. 数口食べたら箸(やスプーンなど)を置き、口の中が空になるまで箸を持たない
  4. 目を閉じ、よくかみながら味覚に集中し、味の全容を確かめる

ひとくち食べたら箸を置く。舌に集中して、味わいつくす。

これは食物の奥深い味わいがよくわかる方法です(特に隠された甘みを感じます)。

時間をかけて味わうと、なんだか”うまみ”(甘み)が愛おしく感じます。「おいしいな〜」って思うのです。

実は、良いレストランでお金の分だけもとを取ろう!と思って、がんばって味わう、それを毎回しているだけなのですが。

ちなみに、食事を楽しむ雰囲気作りが重要なので、添え物としての音楽や映像は効果的な場合があります。

「一気に4つ全部できない」という人は、1つずつでも良いので、試してみてください。それだけでも効果がでますよ。

  • 食事を大切にし、幸せ感受性を高める

まとめ

この考えは、お金がなくて不幸を感じる人向けにお伝えしたつもりです。しかし、現代社会に生きる人全員に知ってもらいたいことでもあります。

現代社会は、人々が嗜癖(しへき、物質に依存すること)を持つように、さまざまな依存物質がはびこっています。

それは、新たな消費を生んでいます。そして、お金の流れが良くなります。しかし、人々はそんな主体的ではない価値に没頭することで、多大な疲労を感じているのです。

嗜癖を止め、人々の知恵と健康で生産性の高い社会を創り出せば、嗜癖に頼らない経済は可能なのではないでしょうか。

もし、お金の流通が減ったとしても、人々が幸せを感受する能力が高まる。人々の総体としての社会も、幸せになると思います。

また、今回の考えがうまく実践できない場合でも辛くならないように、次回のお話を用意しています。そちらもご覧ください。

  • この記事を書いた人

やくしじ

自己成長を支援するブロガー&カウンセラー。心理学検定特一級。アル中で夢を断念し引きこもる。しかし教育の仕事で社会復帰して貢献の喜びを知り復活。主体的な考えを育む・努力を味方にする・性格の悩みを解消するなどの支援を提供中です。期間限定で相談無料。気軽にDMしてね!自分自身と社会に向き合い、素敵な未来を育む人と出会いたい。 詳しいプロフィールはこちら

-激しいストレス対策

Copyright© きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ , 2019 All Rights Reserved.